読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB系エンジニアの勉強日記

Baby steps to Giant strides!

Chapter 2 - Practical Object Oriented Design in Ruby

勉強

Designing Classes with a Single Responsibility

抜粋

  • クラスは一つの責任しか持つべきではない。 そのクラスを一文で簡潔に説明できるかどうかが一つのバロメーター。 andやorが入る場合は、2つ以上の責任を持ってしまっている可能性が高い。

  • designの決定はしかるべき情報が揃った時にするのが一番いい。 現状のクラスがイマイチすっきりしないように感じても、情報が揃うまで手をつけづにおくのは、コストを抑える一つの考え方。

  • data[0],data[1]のような曖昧なデータ表現は避けたほうがいい。 こういった曖昧なデータを明示的にどういったデータを表すかをはっきりさせるのも一つの責任で、コードの中に散りばめてしまったら変更が大変になるので、 曖昧なデータを明示的にするコードは一つの場所にまとめるべき(DRY).

rubyではStructを使うことが一つの手段。


  • 責任の分離に関して、別のクラスを設けるほどではないけど、今のままでは気持ち悪いなというケースは大いに考えらる。

こういった場合、別のクラスに分けてしまってもいいが、Rubyの場合は、クラス内のStruct等にコードを分離しておくのも一つの手段。

こうしておくと、後から来た要望で、やっぱり別クラスにしたほうがいいなとなった時に、スムーズにコードを移植することができる。

また、そのままの状態が続いても、コードの意図が解りやすくなる。

感想

DRY(Don't Repeat Yourself)やSRP(Single Responsible Principle)について実際のコードの用いて説明されていてわかりやすかった。

曖昧なデータを使うべきではないところや、別クラスに分けるほどでもないな〜というケースは、よく遭遇するケースで、ぼんやりとケースごとに対処していたけど、解りやすく言語化されているので参考になる。

決定の保留に関してかなり頻繁に言及されていたりと、単純に原則を説明しているのではなく、実際のコストなどを考慮されていて、だいぶ実践的なのでいい感じ。

英単語

  • fraught 悲惨な

Every decision seems both permanent and fraught with peril. perilは危険

  • overwhelming 圧倒的な

These questions can be overwhelming.

  • foresee 予見する

  • cohesion 凝集

OO designer use the word cohesion to describe this concept.